秋も深まる井筒安week「今禅定」

京都アンティーク着物 宮川徳三郎商店 企画

「今禅定(いまぜんじょう)」

 

■ 五感ほぐれる、坐禅体験 ■

日本には、古来から「お彼岸」という季節の風習があります。 お彼岸とは、季節の変わり目である「春分の日」と「秋分の日」の前後3日間を入れた一週間をいい、「祖先を尊ぶ期間」として古くから知られています。

禅の世界では、六波羅と言われる6つの修行を、悟りの世界つまり「彼岸」の境地への到達を目指し行います。

本ワークショップでは、修行のひとつである「禅定(坐禅)」に注目し、

揺らめくろうそくの灯りの中で坐禅の初歩的な取り組み方から始まり、食やお酒が伴う坐禅を体験していただくことで、五感を優しくほぐしストレスフリーな時間を感じていただくことを目的とします。

現代では、医学的視点より坐禅のメカニズムが解明され、季節の変わり目による体調不良を坐禅により交感神経をコントロールすることで、メンタルから体調管理をすることが可能であると言われています。

このワークショップを通し、現代の生活の中に少しでも「坐禅的要素」を取り入れ、より心地いい生活を過ごすきっかけとなれば幸いです。

 

■ 3つの流れで坐禅を体感 ■
1、はじまりの禅定
 基本的な坐禅の取り組み方を講義してもらった後に実体験。

2、味覚の禅定
 ほのかに揺れる灯りの中で、坐禅中に一汁一菜を味わう。

3、酔いの禅定
 京都の地酒を味わい、少しほろ酔いで気分で坐禅。

 

—————————–
日程:9月11日(日)

受付開始:18:30
開始時間:19:00
終了時間:21:00

会場:井筒安
定員:10名

参加費:5000円

※要予約
—————————–

 

■講師
松浦秀隆
曹洞宗 黄梅寺副住職
お盆で忙しいため、プロフィールはお盆明けに!

■企画
宮川徳三郎 
着付け師・着物スタイリスト
宮川徳三郎商店四代目店主
1972年京都生まれ。
大学在学中は流体力学専攻。大学院卒業後、単身渡米。日米にて船大工の経験を経て、2000年家業の呉服屋を継ぐ。2003年自ら倉庫を改装し、宮川徳三郎商店をオープンする。
宮川家に代々引き継がれるスタイリング・メソッドと気持ちを引き出すコミュニケーション術とを組み合わせた着物スタイリングを得意とし、アーティストやイ ラストレーターとの着物制作や雑誌・メディアでのスタイリングを担当。2015年太秦江戸酒場にて「花嫁道中」をプロデュースし、伝統工芸の職人たちと実 演。 また、着物スタイリングブランド「Qu’il monu(キュィル・モーニュ)」 のディレクターとしても活動中。

 

≪ご予約方法≫
info@izuyasu-com.check-xserver.jpまで、イベントタイトルを明記の上、お名前参加人数をご連絡ください。
ご予約は、こちらの返信をもって予約完了とさせていただきます。